Red Hat Enterprise Linux と CentOS はリポジトリの構成が違ってました

管理人です。

連休は各所で行われていたイベントに出かけたかったのですが、仕事が押していたので Red Hat EnterNewTux.svgprise Linux 6.2 をインストールしていました。
あらかじめ CentOS の 6.2 でテストをしていたのであらかたの作業はスムーズに進行したのですが、なぜかインストールできないパッケージがあって5分ほど悩みました。

結局、CentOS と RHEL ではリポジトリの構成が違っていて、libtool-ltdl-devel や rddtool-perl などは rhel-6-server-optional-rpms というリポジトリに移っているので、–enablerepo=rhel-6-server-optional-rpms しないとインストールできないのでした。CentOSではデフォルトのリポジトリ設定ですんなりインストールできるんですけどね。

Red Hat に勤めていた友人が「Red Hat の Kernel は細かいところでいろいろハックが入っているので、ぜんぜんCentOS とは一緒じゃないよ」って言っていたので、まるきり同じじゃないことは知っていましたが、リポジトリ構成が違っているとは思いませんでした。

サーバー構築もできるデザイン事務所 ヒットをよろしくお願いします。

 

Recent Entries

  • ヒットのお客様のサイト

  • 株式会社ヒット

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>